ハワイニュース

ハワイ、オアフ島でコロナ感染急増、陰性証明が必須。2021年9月13日から60日間

はじめまして、はなです。

 

日本は緊急事態宣言中なのでハワイに行く人も少ないと思いますが、もし2021年11月上旬までに行く予定がある人は、注意が必要です。

ハワイでも2021年9月1日現在、デルタ株が猛威をふるって感染者数が急増しており、感染を封じ込めるための対策が考えられています。

本記事では、2021年8月30日付で新しく発表されたコロナ対策のプログラムについてお知らせします。

オアフ島の施設でコロナウイルスフリーの証明が必要に

 

私は、デルタ株にたいする我々の対応策や感染者数の状況をアピールし、このプログラムがより常識的になって地域社会に貢献することを望んでいます。

ホノルル市長、リック・ブランジャルディ氏

 

オアフ島では、2021年9月13日より、レストラン、バー、屋内ジム施設、娯楽施設、レクリエーション施設に入るさいに下記のいずれかを示すことが必要になります。

  • ワクチン接種の証明書
  • 過去48時間以内に受けたCOVID-19検査の陰性証明書

 

リック・ブランギアルディ市長は、オアフ島内で多発しているCOVID-19の感染を減少させる目的で、2021年8月30日に「セーフ・アクセス・オアフ・プログラム(Safe Access Oahu Program)」を発表しました。

このプログラムは60日間実施され、ホノルル市がデータを収集して効果を評価します。

ブランギアルディ市長は、もう一つの緩和策として、施設でのアルコール販売を午後10時で終了するよう制限しました。

セーフ・アクセス・オアフ・プログラム(Safe Access O'ahu program)には、食料品店やファーマーズマーケットは含まれていませんが、美術館や映画館などの施設は含まれています。

 

対象施設

  • レストラン、バー(テイクアウトは対象外)
  • スポーツジム、フィットネス施設(ダンススタジオを含む)
  • ボウリング場、ゲームセンター、ビリヤード場
  • 映画館
  • 博物館
  • 植物園・動物園・その他アトラクションのうち、屋内施設部分

 

対象施設での義務

対象となる施設では、新しいルールを利用者が閲覧可能な形で掲示することが義務付けられています。

施設利用者は、入店時に、ワクチン接種済カードのコピー(紙)またはワクチン接種済カードを携帯電話で撮った写真を提示する必要があります。

ワクチン接種を受けていない場合は、FDAが承認または48時間以内に受けたCOVID-19検査の陰性結果で代用することもできます。

ただし、レストランでテイクアウトの注文をする利用者など、24時間以内に店舗内での滞在時間が15分未満の場合には適用されません。

FDAがまだCOVID-19ワクチンを接種できない12歳未満は、プログラムの対象外となります。

対象施設の従業員でワクチンを接種していない人は、毎週検査を受ける必要があります。

 

60日間実施したあとは?

60日後、感染数が改善されない場合や、多くの企業が遵守しない場合は、島はワクチン接種の義務化に移行するとブランジャルディ氏は述べています。

この新しいプログラムは、ハワイ州が1日の新規感染者数の最高記録を1週間で2回更新したこと、一部の病院では定員に達して選択的処置を中止し始めたことを受けたものです。

ホノルル救急医療サービスのチーフ医師によると、COVID-19による救急車の要請のほぼすべてが、ワクチンを接種していない人によるものだそうです。

当医師が電話で心肺蘇生法の説明をした派遣社員の例を紹介しました。

発熱、息切れ、酸素濃度の低下、そして悲しいことに、通報時に心停止していた人もいました。このような通報をなくしたいのですが、そのためにはワクチン接種しかありません。

それほどひどい状況なのです。

オアフ島では2021年8月31日現在、ワクチン接種対象者の76%が全量接種を受け、85%が1回以上の接種を受けています。

 

各方面からのコメント

ハワイレストラン協会

グレッグ・メイプルズ会長

この1年半の経済的困難から立ち直りつつあるレストランに行くことを勧めました。

「近所のレストランで食事をするのをやめないでください。ワクチンを接種していない人、接種するつもりのない人は、テイクアウトしてください」と語りました。

「私たちはあなたがたを必要としています、ビジネスを必要としています。」

エグゼクティブ・ディレクター、シェリル・マツオカ氏

「多くの会員が市長の行動に憤慨していますが、もっと悪い結果になる可能性もありました」

 

経済活性化局、エイミー・アッセルバイエ局長

「ホノルル市は、セーフ・アクセス・オアフ・プログラム(Safe Access O'ahu program)の影響を受ける事業者が、命令を遵守するための情報を無料で入手できるプログラムを立ち上げています。」

 

スコット・サイキ下院議長

ブランジアルディ市長による新プログラム実施の決定を称賛し、

「困難で複雑な決定であったことは承知しています。市長はリーダーであり、彼の決断によってCOVIDの感染が減少し、ハワイ州全体のロックダウンが回避できるでしょう」と述べています。

 

まとめ

ホノルル市長のリック・ブランギアルディ氏がセーフ・アクセス・オアフ・プログラム(Safe Access O'ahu program)を9月13日から60日間実行することを発表しました。

対象施設では、12歳以上のワクチン接種対象者にたいしてワクチン接種の証明書または過去48時間以内に受けたCOVID-19検査の陰性証明書の提示が義務付けられます。

ただし、15分以内未満の滞在であれば適応されないため、証明書が提示できない場合でもテイクアウトは可能です。

60日間経過後は、オアフ島での感染者数によって、証明書の提示が不要になるか、あるいは、ワクチン接種が義務化されるかが決められます。

 

なによりも、早くコロナが終息してくれることを祈るばかりです。

 

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

 

東京にお住まいのかたはこちらでハワイ州公認のPCR検査を受けられます。

海外渡航・国内出張なら【芝国際クリニックのPCR検査】当日検査結果/陰性証明書/土日祝対応中

 

【関連記事】

ハワイ旅行はいつから行けるのか?いま行ったらどうなるのか?

no image
関連記事ハワイ旅行はいつから行けるのか?いま行ったらどうなるのか?

2021年8月25日 更新   はじめまして、はなです。   ハワイが好きな方は今すぐにでも行きたいですよね。 コロナでハワイ旅行をガマンしている人、 ハワイに行けなくてハワイロス ...

続きを見る

-ハワイニュース

© 2021 はなぶろぐbyハワイ旅行マイスター